« NSCAジャパン表彰式(2017年) | メイン

2018年3月 7日 (水)

第5回NSCAジャパン・日本健康運動指導士会 合同学術大会のご報告

2018年3月3日(土)、第5回NSCAジャパン・日本健康運動指導士会 合同学術大会を、KFCホールにて、『運動指導者の専門家として伝えるべきこととは~エビデンスに基づいた知識と技術の重要性~』と題して開催いたしました。
本大会においては、厚生労働省、経済産業省、スポーツ庁、公益財団法人健康・体力づくり事業財団、健康日本21推進全国連絡協議会、特定非営利活動法人日本介護予防協会 より後援のご協力をいただきました。
当日は約250名の方にご来場いただき、盛況のうちに終了しました。

11

12img_3513

大会の模様を、当日撮影した写真を中心にご紹介いたします。

◆基調講演「フレイル問題における運動器の機能改善を考える」

篠田 邦彦 氏(NSCAジャパン理事長,新潟大学教授)

21img_3585

22img_3593

◆講演1「運動、栄養がテロメア(命のロウソク)に及ぼす効果」

森谷 敏夫 氏(NSCAジャパン参与,京都大学名誉教授)

31img_3648

32img_3656

◆講演2「指導記録の蓄積と発表 客観的評価の重要性」

青地 克頼 氏(日本健康運動指導士会副会長,聖徳大学准教授)

41img_3672

42img_3682

◆事例発表1「医療施設におけるエビデンスに基づいた運動指導」

宮内 拓史 氏(関西医科大学附属病院 健康科学センター, 健康運動指導士)

51img_3698

52img_3705

◆事例発表2「NSCAジャパンHuman Performance Center(HPC)におけるエビデンスに基づいた運動指導」

吉田 直人 氏(NSCAジャパンHPCヘッドストレングス&コンディショニングコーチ)

61img_3754

62img_3786

◆パネルディスカッション「運動指導におけるエビデンスの重要性とその伝え方」

コーディネーター:篠田 邦彦 氏

パネリスト:森谷 敏夫 氏、青地 克頼 氏、宮内 拓史 氏、吉田 直人 氏

71img_3826

72img_3836

73img_3815

74img_3858

====================

今回の合同学術大会では、
サンテプラス(株)様、(有)ラウンドフラット様、(有)MAKIスポーツ様、エクスプロージョン(同)様、Wattbike Japan様、(有)ナップ様、(株)ドリーム様、マッシュコーポレーション(株)様、(株)ビーアンドエス・コーポレーション様、ミューラージャパン(株)様、セノー(株)様、(一社)日本コンディショニング協会様、(有)トライ・ワークス様、(株)ハヤブサ技研様、(株)ザオバ様、(株)ワニ・プラス様の14社にご協賛いただきました。

81img_3517

82img_3525

83img_3532

84img_3664

91img_3663

92img_3876

NSCAジャパンウェブサイト

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/470869/34110120

第5回NSCAジャパン・日本健康運動指導士会 合同学術大会のご報告を参照しているブログ:

                                 Copyright (c) 2010 NSCA JAPAN. All Rights Reserved