« 2017年4月 | メイン | 2017年6月 »

2017年5月26日 (金)

南関東ADセミナーのご報告

5月13日(土)、20日(土)の二日間に渡り、東京墨田区にあるUniversalstrength錦糸町にて、南関東AD(地域ディレクター)セミナーを開催いたしました。

このセミナーは、通年型ADセミナーとして組まれた、技術修得・指導技術の向上を目的とした内容となっております。 第5回目となる今回は、『レベル I 講習:バックスクワットの指導方法を学ぶ』をテーマにし、早瀬 雄斗氏(認定検定員)に講師を勤めていただきました。

◆初日は、リバースランジとルーマニアンデッドリフトから自重スクワットへ繋ぐ流れを実践し、参加者の皆様同士で、各エクササイズの特徴やエラーをディスカッションをしていただきました。

Img_3337

Img_3326_2

◆二日目は、リバースランジとルーマニアンデッドリフトを復習し、グッドモーニングによるウォームアップを行い、バーベルスクワットを実践しました。 バーベルスクワットを実践しつつ、エラーを確認し、皆様で相互指導を行いました。

Img_3332_2

Img_3334

指導者同士でのディスカッションや、エラーを確認し合い、相互に指導し合う、良い機会になったと思います。

次回は、通年型ADセミナーの2クール目、『レベル Ⅰ 講習:デッドリフトの指導方法を学ぶ』を、5月27日(土)、6月3日(土)に開催いたします。

皆様の参加をお待ちしております。

NSCAジャパン南関東アシスタント地域ディレクター  桜井 秀和

NSCAジャパンウェブサイト

2017年5月23日 (火)

関西ADセミナーのご報告

2017年5月20日(土)大阪府大阪市中央区にありますスタンドアップスタジオにて関西AD(地域ディレクター)セミナーを開催いたしました。「下半身強化と自重トレーニング」をセミナーのメインテーマとして講師をお招きし総計3時間の講義を行ない実践的でとても充実した内容となりました。

◆  「レベルⅠ講習:下半身強化エクササイズ」

講師:松本 健二 氏

レベルⅠ講習の基本的なスクワット動作の確認を実施しました。スクワットのスタンスにおける左右のバランスや効果をあげる為の動作づくりも実践形式で紹介していただき、その後フロントランジの紹介では動作を正確にすることでスクワットの内容にも連動することも確認できました。日本代表選手(五輪出場)などのパーソナル指導でも活用するトレーニング動作と競技との違いや位置づけもわかりやすい解説いただき参加される皆様より「指導の現場でつかってみます」「パーソナルの現場で簡単に伝えることができます」と多数の声をいただきました。

Fullsizer201705_3

Img_3938_3

Img_3939201705_4

◆  「自体重エクササイズの活用と実践」

講師:藤田 賀史 氏

前半講義のスクワット、ランジに対して藤田講師は上半身エクササイズのプッシュアップを代表例として活用法を紹介していただきました。導入前にはモビリゼーションや姿勢の取り方を確認してまずは自身の身体を理解してから自体重エクササイズにうつる重要性をお伝えいただきました。プランク動作や逆立ち姿勢、そういった1つ1つの確認が自重エクササイズに繋がることを理解いただきました。多岐のスポーツの競技に関わり最近では国際大会に出場しているボクシング選手(東洋王者)のパーソナル指導もしている藤田講師ですができるだけ基本を確認する大切さを伝えているとのことです。参加される皆様よりも「1つの動作を大切に伝えます」「わかりやすかったです」と多数の声をいただきました。

Img_3941201705_3

Img_3944_3

今回のセミナー開催にあたり講義内容を解りやすくまとめていただいた松本講師、藤田講師に深く感謝いたします。また、サポートとして入っていただいた松田様、藤林様、スタンドアップスタジオ・鍼灸整骨院グループの皆様誠にありがとうございます。講義にご参加していただく皆様の貴重な情報・共有が先の未来にむけてNSCAジャパンが進んでおります。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

Img_3955_4

Img_3956_3

Img_3953_3

NSCAジャパン関西アシスタント地域ディレクター 泉 建史

NSCAジャパンウェブサイト

沖縄ADセミナーのご報告

5月21日(日)、沖縄県宜野湾市にあるSOLA沖縄保健医療工学院にて、沖縄AD(地域ディレクター)セミナーを開催いたしました。
今回は、大城英稔氏(CSCS、一般社団法人スポーツおきなわ代表)をお招きし、「競技力向上の為の測定評価」というテーマで講義・実技を行っていただきました。

◆午前の部では、座学中心になぜ測定・評価が必要なのか?というところから、大城先生の経験や学んだことも交えながら、お話いただきました。

Photo ◆午後の部は、測定の実演・実践を中心に行いました。測定の実践をしながら、リスク管理や測定のポイント、対象者などに関してもわかりやすく説明していただきました。実際に受講者自身が測定に参加したことで、クライアントの気持ちもわかり、いろいろ感じることができて充実した内容になったかと思います。
測定者の目的に合わせて、何をチョイスしていくのか、いいヒントになりました。

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

Photo_7

測定の数値だけでなく、トレーナーとしてモチベーションの上げ方や雰囲気づくり、私たちトレーナーとしての価値をクライアントにどう伝えていくかなど、たくさんご指導いただきました大城様、この場をお借りしまして感謝申し上げます。
最後になりますが、会場のご提供いただきましたSOLA沖縄医療工学院様やご協力いただきました関係者の皆様・受講者の皆様へ感謝申し上げたいと思います。ありがとうございました。

Photo_8 NSCAジャパン沖縄アシスタント地域ディレクター 金城 智士

NSCAジャパンウェブサイト

2017年5月17日 (水)

第52回日本理学療法学術大会ブース出展のご報告

2017年5月12日(金)~14日(日)の3日間、幕張メッセ国際会議場・国際展示場、東京ベイ幕張ホールにおいて第52回日本理学療法学術大会が開催され 去年に引き続きNSCAジャパンもブース出展いたしました。3日間のトータルで約6,500名以上の方が参加され盛況のうちに終了いたしました。

Img_1496

Img_1477

NSCAジャパンブースでは、多くの理学療法士の方にお越しいただきNSCA認定資格を始め、資格取得後の活動に関する質問を受けました。 多くの方は、理学療法士として活動されていてご自身のキャリアアップでNSCA資格取得をして指導分野を広げようと志されている方が多く 「これからの整形外科におけるトレーナーの役割と地位~みどりクリニックにおけるシステムの紹介と提言~」瀬戸口 芳正氏の記事をご案内したら20代~30代の方は、 今後のキャリアアップの参考にしたいと興味を示していただけました。 是非、NSCA認定資格を取得してご自身のキャリアップに活用いただけると幸いです。

Img_1505

Img_1447

また、理学療法士の方でCSCSを取られた方が資格を持っただけになってしまっていてより理解を深めたいというお話があり2017年8月5日(土)、6日(日)に NSCAジャパン Human Performance Centerにて開催する、「エッセンシャルセミナー」をご案内したところ是非、参加したいとおしゃっていただけました。 NSCA-CPT認定試験の受験を検討している方や、これからパーソナルトレーナーを目指す方にオススメの内容となっておりますので、ご参加お待ちしております。

次回は、7月25日(火)~27日(木)に東京ビックサイトにて開催される、SPORTEC2017に出展いたします。

NSCAジャパンウェブサイト

                                 Copyright (c) 2010 NSCA JAPAN. All Rights Reserved