« 後援セミナー「日本健康運動指導士会 登録更新に係わる認定講習会」のご報告 | メイン | 南関東ADセミナーのご報告 »

2015年12月17日 (木)

南関東ADセミナーのご報告

2015年12月13日(日)埼玉県さいたま市の大宮ソニックシティビルにて、南関東AD(地域ディレクター)セミナーを開催いたしました。
当日は、80名を越える参加をいただき、感謝を申し上げます。


今回は「非持久系競技における高強度インターバルトレーニングの活用」をテーマに5部構成で座学の講義をいただきました。
講師:河森 直紀 氏(PhD, CSCS,国立スポーツ科学センター)


◆午前 第1部「非持久系競技における持久力の必要性」では、非持久系競技における持久力、トレーニングでターゲットにするべき要因、エネルギー供給への有酸素代謝の貢献度など。
第2部「HITの役割・位置付け」では、HITとLSD cardioの用語の定義、Polarised Trainingモデルなど。

1450268861074

1450268925576

◆午後 第3部「HITの運動強度」では、 HITプログラムの変数、HFTトレーニングの種類、HFT運動強度設定など。
第4部「HITの種類と急性プログラム変数」では、T@VO2maxの観点からのHIITの目標量、運動強度・運動時間・休息強度がT@VO2maxに与える影響、Anaerobic Contribution、Neuronmuscular Loadなど。
第5部「HITプログラムデザインの実際」では、Short intervalランの計画プロセス、Long intervalトレの計画プロセス、Oxygen Uptake Kinetics、Block Periodizationなど。
約5時間の講義でしたが、豊富な文献、写真や映像等を活用し、実践的で分かりやすい説明をしていただき、講義の時間が短く感じるほどでした。

12386770_893960817357893_97220182_7

1450268941961_6

最後になりますが、講師の河森氏、および受講者の皆様には改めて感謝を申し上げます。

1450268848377ボランティアスタッフ 守屋 方貴

NSCAジャパンウェブサイト

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/470869/33684635

南関東ADセミナーのご報告を参照しているブログ:

                                 Copyright (c) 2010 NSCA JAPAN. All Rights Reserved