2017年9月 8日 (金)

「HANSHIN健康メッセ2017」運動講座のご報告

2017年8月25日~27日に、大阪市梅田にあるハービスOSAKAにて、阪神電気鉄道・神戸大学・兵庫医科大学の主催の中心で行われた「HANSHIN健康メッセ2017」のご報告です。

大阪市教育委員会・神戸市教育委員会・医師会・日本病理学会など後援のもと関西地域の1万名以上が来場した街イベントが開催されました。
この関西地域イベントは「なるほど医学体験!HANSHIN健康メッセ~遊んで学んで広がる健康の絆~」と題した催しで企業や専門家が地域に住む親子や三世代(子どもからシニア)にむけて「医療・健康・介護の情報や体験」を提供する内容になります。

Photo_7

「健康メッセ」2日目の8月26日(土)、ハービスOSAKAの賑わう会場の中、NSCAジャパンと森永製菓株式会社共同で「運動と栄養」についての情報提供や講演をさせていただきました。 
NSCAジャパンより運動講座の講師として、私、泉 建史(NSCAジャパン広報委員会委員長,日本オリンピック委員会JOC強化スタッフ,フィジカルコーチ)と、栄養講座の講師として森永製菓株式会社健康事業部の冨尾 千砂氏(管理栄養士,健康運動指導士)が登壇させていただきました。

4_2 講演 『 親子で楽しむ学ぶ 運動と栄養 (講師:泉建史・冨尾千砂)』 

5_2Fullsizer11113前半講師の私は、親子で楽しみながら取り組めるトレーニングや身体チェックを実践し、その中でNSCAジャパンエクササイズリーフレットのスクワットも紹介させていただきました。
親子の皆さんがお互いをみて笑いながらチャレンジにする姿が印象的でした。
質問の時間では「ジャンプ力があがるトレーニング」や「「スポーツ選手の健康管理」などに答えていただきました。

Fullsizer11114 後半講師の冨尾氏は朝食の取り方や栄養のことを「クイズ形式」で紹介。
成長期の段階で必要な食べ方を参加者の皆様へ楽しみながら学んでいただきました。
食べ方の工夫についてメモをとり皆さんとても熱心に取り組みされていました。

別のブースで森永製菓の栄養摂取の試食コーナーもあり運動後の食事のあり方なども、補足して冨尾氏より解説いただきました。

6_2 参加された皆様や解説含めNSCAジャパンエクササイズリーフレットを配布させていただきました。
「これぐらいなら自分のペースでできそうです。」「トレーニングするきっかけになりました。」とお声いただきました。
今回、健康メッセを通じて運動と栄養の大切さを知っていただける良い機会になりました。

お子様の成長に合わせた身体づくり、スポーツに取り組むこと、家族で健康を意識すること、先に繋がるものになることを願います。

自分で身体を管理する時代、NSCAジャパンと地域事業の関わりについては今後も広がるものだと考えています。進行にあたりご協力いただいた講師の冨尾様、森永製菓関係者、健康メッセ運営の皆様、NSCA事務局皆様に深くお礼申し上げます。

NSCAジャパン広報委員会委員長 泉 建史

NSCAジャパンウェブサイト

2017年6月21日 (水)

NSCAジャパンS&Cフォーラム2017および第17回総会 開催のご報告

2017年6月18日(日)、笹川記念会館にて、NSCAジャパンストレングス&コンディショニング(以下、S&C)フォーラム2017および第17回総会を開催いたしました。

Img_8458

Img_8464_2

S&Cフォーラム2017には、後援として、厚生労働省、スポーツ庁、公益財団法人 健康・体力づくり事業財団健康日本21 推進全国連絡協議会公益財団法人 笹川スポーツ財団ジャパン・アスレティックトレーナーズ機構(JATO)スマート・ライフ・プロジェクト公益財団法人 体力つくり指導協会特定非営利活動法人 日本健康運動指導士会公益財団法人 日本体育協会公益社団法人 日本フィットネス協会公益社団法人 日本ボディビル・フィットネス連盟の12団体よりご協力をいただきました。

当日は650名を超える多数の方にご来場いただき、大盛況でした。 ご参加いただきました皆様に、心より御礼申しあげます。

当日の様子を写真とともにご紹介いたします。

◆開場の様子

Kimg0400_6

Img_8676_4

◆講演1 新開 省二 氏(東京都健康長寿医療センター研究所副所長)
「健康長寿の疫学研究からのエビデンス‐ポイントは栄養、体力、社会参加-健康長寿の三本柱(栄養、体力、社会)-」

Img_8607

Img_8616

◆講演2 山本 利春 氏(CSCS, 日本体育協会公認アスレティックトレーナーマスター,NSCAジャパン監事,国際武道大学教授)
「アクアコンディショニングの理論と実際-3R(リハビリ、リカバリー、リラクセーション)への活用-」

Img_8856

Img_8850

◆講演3 岡田 隆 氏(CSCS, リオデジャネイロオリンピック柔道男子ナショナルチーム総務コーチ(体力強化部門長), 日本体育大学准教授)

「柔道復活を担ったストレングス&コンディショニング -リオデジャネイロ五輪の実際-」

Img_8907

Img_8873

◆総会の様子
総会で決議された内容につきましては、当協会ウェブサイトや機関誌で追ってご報告いたします。

Img_8966_4

Img_9007_2

◆今回のフォーラムでは、以下の企業様にご協賛いただきました。

Platinum Sponsor(Exhibitor) 株式会社THINKフィットネス様株式会社ドーム様

Gold Sponsor(Exhibitor) 株式会社ザオバ様株式会社ウエサカ ティー・イー様

Silver Sponsor (Exhibitor) Wattbike Japan様

Official Sponsor (Exhibitor)

ミューラージャパン株式会社様株式会社ニシ・スポーツ様有限会社フィットネスアポロ社様日本キスラー株式会社様有限会社ラウンドフラット様セノー株式会社様有限会社NAP様サンテプラス株式会社様

Official Sponsor

エクスプロージョン合同会社様マッシュコーポレーション株式会社様セイコーウオッチ株式会社様株式会社タニタ様株式会社ハヤブサ技研様有限会社トライ・ワークス様株式会社サタケ様、以上20社様にご協賛いただきました。

Img_8722_5

Kimg0399_4

Kimg0414_2

Kimg0458_2

Kimg0420_5

Img_8720_5

Img_8504_2

Img_8798_2

Img_8762_2

Img_8731_2

Img_8758_2

Img_8746_2

Img_8705_2

Img_8517_2

Kimg0439_2

Img_8810_3

NSCAジャパンHuman Performance Centerも施設のPRを中心にブース出展いたしました。

Img_8474

Img_8748

また、去年に引き続き、「熱中症ゼロヘ」プロジェクト様からは”うちわ”を、ご提供いただきました。

Kimg0386_3

最後に、当日お手伝いいただきましたボランティアスタッフの皆様に、心より御礼申しあげます。皆様のご協力のおかげで、大変スムーズに進行することができました。ありがとうございました。すべての関係者の皆様に改めて心から御礼申し上げます。

Img_8456

NSCAジャパンウェブサイト

2017年5月26日 (金)

南関東ADセミナーのご報告

5月13日(土)、20日(土)の二日間に渡り、東京墨田区にあるUniversalstrength錦糸町にて、南関東AD(地域ディレクター)セミナーを開催いたしました。

このセミナーは、通年型ADセミナーとして組まれた、技術修得・指導技術の向上を目的とした内容となっております。 第5回目となる今回は、『レベル I 講習:バックスクワットの指導方法を学ぶ』をテーマにし、早瀬 雄斗氏(認定検定員)に講師を勤めていただきました。

◆初日は、リバースランジとルーマニアンデッドリフトから自重スクワットへ繋ぐ流れを実践し、参加者の皆様同士で、各エクササイズの特徴やエラーをディスカッションをしていただきました。

Img_3337

Img_3326_2

◆二日目は、リバースランジとルーマニアンデッドリフトを復習し、グッドモーニングによるウォームアップを行い、バーベルスクワットを実践しました。 バーベルスクワットを実践しつつ、エラーを確認し、皆様で相互指導を行いました。

Img_3332_2

Img_3334

指導者同士でのディスカッションや、エラーを確認し合い、相互に指導し合う、良い機会になったと思います。

次回は、通年型ADセミナーの2クール目、『レベル Ⅰ 講習:デッドリフトの指導方法を学ぶ』を、5月27日(土)、6月3日(土)に開催いたします。

皆様の参加をお待ちしております。

NSCAジャパン南関東アシスタント地域ディレクター  桜井 秀和

NSCAジャパンウェブサイト

2017年5月23日 (火)

関西ADセミナーのご報告

2017年5月20日(土)大阪府大阪市中央区にありますスタンドアップスタジオにて関西AD(地域ディレクター)セミナーを開催いたしました。「下半身強化と自重トレーニング」をセミナーのメインテーマとして講師をお招きし総計3時間の講義を行ない実践的でとても充実した内容となりました。

◆  「レベルⅠ講習:下半身強化エクササイズ」

講師:松本 健二 氏

レベルⅠ講習の基本的なスクワット動作の確認を実施しました。スクワットのスタンスにおける左右のバランスや効果をあげる為の動作づくりも実践形式で紹介していただき、その後フロントランジの紹介では動作を正確にすることでスクワットの内容にも連動することも確認できました。日本代表選手(五輪出場)などのパーソナル指導でも活用するトレーニング動作と競技との違いや位置づけもわかりやすい解説いただき参加される皆様より「指導の現場でつかってみます」「パーソナルの現場で簡単に伝えることができます」と多数の声をいただきました。

Fullsizer201705_3

Img_3938_3

Img_3939201705_4

◆  「自体重エクササイズの活用と実践」

講師:藤田 賀史 氏

前半講義のスクワット、ランジに対して藤田講師は上半身エクササイズのプッシュアップを代表例として活用法を紹介していただきました。導入前にはモビリゼーションや姿勢の取り方を確認してまずは自身の身体を理解してから自体重エクササイズにうつる重要性をお伝えいただきました。プランク動作や逆立ち姿勢、そういった1つ1つの確認が自重エクササイズに繋がることを理解いただきました。多岐のスポーツの競技に関わり最近では国際大会に出場しているボクシング選手(東洋王者)のパーソナル指導もしている藤田講師ですができるだけ基本を確認する大切さを伝えているとのことです。参加される皆様よりも「1つの動作を大切に伝えます」「わかりやすかったです」と多数の声をいただきました。

Img_3941201705_3

Img_3944_3

今回のセミナー開催にあたり講義内容を解りやすくまとめていただいた松本講師、藤田講師に深く感謝いたします。また、サポートとして入っていただいた松田様、藤林様、スタンドアップスタジオ・鍼灸整骨院グループの皆様誠にありがとうございます。講義にご参加していただく皆様の貴重な情報・共有が先の未来にむけてNSCAジャパンが進んでおります。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

Img_3955_4

Img_3956_3

Img_3953_3

NSCAジャパン関西アシスタント地域ディレクター 泉 建史

NSCAジャパンウェブサイト

沖縄ADセミナーのご報告

5月21日(日)、沖縄県宜野湾市にあるSOLA沖縄保健医療工学院にて、沖縄AD(地域ディレクター)セミナーを開催いたしました。
今回は、大城英稔氏(CSCS、一般社団法人スポーツおきなわ代表)をお招きし、「競技力向上の為の測定評価」というテーマで講義・実技を行っていただきました。

◆午前の部では、座学中心になぜ測定・評価が必要なのか?というところから、大城先生の経験や学んだことも交えながら、お話いただきました。

Photo ◆午後の部は、測定の実演・実践を中心に行いました。測定の実践をしながら、リスク管理や測定のポイント、対象者などに関してもわかりやすく説明していただきました。実際に受講者自身が測定に参加したことで、クライアントの気持ちもわかり、いろいろ感じることができて充実した内容になったかと思います。
測定者の目的に合わせて、何をチョイスしていくのか、いいヒントになりました。

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

Photo_7

測定の数値だけでなく、トレーナーとしてモチベーションの上げ方や雰囲気づくり、私たちトレーナーとしての価値をクライアントにどう伝えていくかなど、たくさんご指導いただきました大城様、この場をお借りしまして感謝申し上げます。
最後になりますが、会場のご提供いただきましたSOLA沖縄医療工学院様やご協力いただきました関係者の皆様・受講者の皆様へ感謝申し上げたいと思います。ありがとうございました。

Photo_8 NSCAジャパン沖縄アシスタント地域ディレクター 金城 智士

NSCAジャパンウェブサイト

2017年5月17日 (水)

第52回日本理学療法学術大会ブース出展のご報告

2017年5月12日(金)~14日(日)の3日間、幕張メッセ国際会議場・国際展示場、東京ベイ幕張ホールにおいて第52回日本理学療法学術大会が開催され 去年に引き続きNSCAジャパンもブース出展いたしました。3日間のトータルで約6,500名以上の方が参加され盛況のうちに終了いたしました。

Img_1496

Img_1477

NSCAジャパンブースでは、多くの理学療法士の方にお越しいただきNSCA認定資格を始め、資格取得後の活動に関する質問を受けました。 多くの方は、理学療法士として活動されていてご自身のキャリアアップでNSCA資格取得をして指導分野を広げようと志されている方が多く 「これからの整形外科におけるトレーナーの役割と地位~みどりクリニックにおけるシステムの紹介と提言~」瀬戸口 芳正氏の記事をご案内したら20代~30代の方は、 今後のキャリアアップの参考にしたいと興味を示していただけました。 是非、NSCA認定資格を取得してご自身のキャリアップに活用いただけると幸いです。

Img_1505

Img_1447

また、理学療法士の方でCSCSを取られた方が資格を持っただけになってしまっていてより理解を深めたいというお話があり2017年8月5日(土)、6日(日)に NSCAジャパン Human Performance Centerにて開催する、「エッセンシャルセミナー」をご案内したところ是非、参加したいとおしゃっていただけました。 NSCA-CPT認定試験の受験を検討している方や、これからパーソナルトレーナーを目指す方にオススメの内容となっておりますので、ご参加お待ちしております。

次回は、7月25日(火)~27日(木)に東京ビックサイトにて開催される、SPORTEC2017に出展いたします。

NSCAジャパンウェブサイト

2017年4月28日 (金)

日本気象協会主催「熱中症ゼロへ2017シンポジウム」レポート

2017年4月25日、東京都千代田区の毎日ホールにて、一般財団法人日本気象協会、「熱中症ゼロへ」プロジェクト運営事務局主催で行われた「熱中症ゼロへ2017シンポジウム」の報告です。 毎日新聞社協力のもと、報道各社、プロジェクト加盟団体ほか100名以上が参加したイベントでした。

11

12

熱中症ゼロへプロジェクトにはNSCAジャパンも協力団体として加わっており、今回は、澤野 博 氏(CSCS,*D,NSCAジャパン広報委員,ユニット代表)にもパネラーとして登壇いただきました。

◆パネルディスカッション「スポーツと都市の熱中症について」~スポーツを“する人”、“観る人”、“運営に携わる人”~

パネリスト:澤野 博 氏、三宅 康史 氏(帝京大学医学部教授 帝京大学病院高度救命救急センター長) 

コーディネーター:石榑 亜紀子 氏(日本気象協会 気象予報士)

澤野氏はトレーニングコーチとして、実際の現場では、熱中症対策のためということではなく、パフォーマンス維持のために、当然、水分補給が必要であると指導しているというエピソードなどを話し、「パフォーマンス維持のために」と伝え水分補給を促すことは、競技スポーツの現場に限ったことではなく、様々な場面でも使えるよいフレーズではないかとコーディネーターの石槫氏も共感されていました。

また、今後、スポーツをボランティアとして支えるという活動が増えてくることについては、普段から心がけていることとして、ドリンクをもし2つ取れるとしたら、1つは必ず、「水」を取ること。これは、誰かがケガをした時にも使えたり、自分以外の人のためになるということを話し、これには医療の立場から三宅氏も大いに共感されていた様子でした。

21

22

パネルディスカッションの前には、石榑氏、三宅氏の講演のほか、 平田 晃正 氏(名古屋工業大学大学院教授)の「新しい熱中症予防コンテンツの発表とその解説」の講演があり、 研究に基づいて考案された、誰でも使えるコンテンツ『熱中症セルフチェック』https://www.netsuzero.jp/selfcheck の発表もありました。

石槫氏からは、気象医予報士として、今年の夏も猛暑になる見込みと予報がありました。

NSCAジャパンとしても熱中症予防啓発活動に協力できることに取り組んでまいります。

31

32

33

NSCAジャパンウェブサイト

2017年4月27日 (木)

HPC利用報告(日本ライフセービング協会 第10期ハイパフォーマンスチーム)

2017年4月22日(土)、NSCAジャパンHuman Performance Center(日本ストレングス&コンディショニングセンター、以下HPC)を、特定非営利活動法人日本ライフセービング協会 第10期ハイパフォーマンスチームが、トレーニング合宿で利用されました。

以下、チームからのコメントです↓

2017年からスタートした第10期ハイパフォーマンスチームの「トップ」および「強化育成」選手のオフシーズン強化合宿は1月、3月、そして今回の4月と3回実施いたしましたが、各自が所属先で実施してきたトレーニングの進捗を確認する機会としてフィールドテストや筋力テストを実施してきました。

そのテストをもとにプログラムのアップデートをおこない、テストの結果も向上・改善がみられております。ストレングストレーニングについては、強化育成段階からトップ選手まで共通した基本的な種目(BIG3)の実施を推奨しており、テストおよびエクササイズテクニックのアドバイスを実施するにあたっては、NSCAジャパンHPCは、とても使いやすく、またやりたいことが十二分におこなえる環境であり、利用させていただき大変助かりました。

これからは競技会や海岸のガード活動が始まることになりますが、引き続き強化を継続していき、2年後に開催されるライフセービング競技の世界選手権でのメダル獲得、さらにはガード活動をするライフセーバー全体の体力向上に取り組んでいきたいと思います。

2017年4月22日

特定非営利活動法人日本ライフセービング協会 第10期ハイパフォーマンスチーム

Img_8125_2

Img_8127

Img_8122

Img_8153

NSCAジャパンウェブサイト

2017年4月26日 (水)

南関東ADセミナーのご報告

4月15日(土)、22日(土)の2週に渡り、東京都墨田区にありますUniversal Strength錦糸町にて南関東AD(地域ディレクター)セミナーを開催いたしました。

このセミナーは、通年型ADセミナーとして組まれた、技術修得・指導技術の向上を目的とした内容となっております。 第4回目となる今回は、『レベル I 講習:ハングクリーンの紹介と実践』をテーマに、私、桜井 秀和(認定検定員)が講師を務めさせていただきました。

◆1日目は、ルーマニアンデッドリフトにより、ハムストリングの筋力と柔軟性を確認しました。 更に、フロントスクワットを実施し、ハングクリーンの適切なキャッチ姿勢に繋がるフォームを学びました。 レベル I 講習で修得するべき、分習法の紹介は、ストレートアップ、ジャンプウィズバー、ハイプル、ラッククリーンを行いました。 皆様、慣れない動作の様でしたが、積極的に実践されていました。

Img_3246

Img_3245

Img_3247

◆2日間は、1日目に紹介したテクニックを基に、スタート姿勢の徹底とフルエクステンション、正しいキャッチ姿勢を指導し、皆様でディスカッションをしながら実践していただきました。 ハングクリーンは、資格取得者として修得しておく事が望ましい、爆発的エクササイズの一つです。 こういった機会が無ければ、取り組めないという参加者も多く、今後も継続して学べるセミナーを企画して参ります。

Img_3244_2

5月13日(土)、20日(土)から、いよいよ通年型ADセミナー、2クール目の『レベル I 講習:バックスクワットの指導方法を学ぶ』を開催いたします。

皆様のご参加お待ちしております。

NSCAジャパン南関東アシスタント地域ディレクター  桜井 秀和

NSCAジャパンウェブサイト

2017年4月10日 (月)

南関東ADセミナーのご報告

4月1日(土)、8日(土)の2週に渡り、東京都墨田区にありますUniversal Strength錦糸町にて南関東AD(地域ディレクター)セミナーを開催いたしました。

このセミナーは、通年型ADセミナーとして組まれた、技術修得・指導技術の向上を目的とした内容となっております。 第3回目となる今回は、『レベル I 講習:ベンチプレスとベントオーバーロウの紹介と実践』をテーマに、桜井 秀和氏(認定検定員)に講師を務めていただきました。

◆1日目はベンチプレスを中心に指導をしていただきました。 はじめにグリップ幅などベンチプレスのフォームについて、参加者の方々が普段はどの様に実践・指導をしているか、またその理由等を全体でディスカッションしました。 桜井氏は、ストレングスコーチやパーソナルトレーナーがクライアントへ指導するベンチプレスは安全で効果的なフォームで行われることが重要であり、より高重量を持ち上げることが目的である競技としてのベンチプレスとは分けて考える必要があると説明されました。 また、上肢の押す動作のバリエーションとしてプッシュアップ、プライオプッシュアップが紹介されました。

Image3

Image2

◆2日目はベントオーバーロウを中心に指導していただきました。 グリップ幅や上半身の角度、バーベルを引く位置等を細かく説明して頂きました。 1日目と同様、引く動作のバリエーションとしてワンハンドロー、ホリゾンタルプルアップ、チンアップが紹介されました。

Img_3190_2

Image1_2

両日ともエクササイズの紹介・説明の後、押す・引くの動作のスーパセット(ベンチプレスとホリゾンタルプルアップ、ベントオーバーロウとプッシュアップなど)を用いて参加者の方々に実践して頂きました。 どの種目においても参加者の方々から積極的に講師に質問をしていただき、とてもいい雰囲気でセミナーを開催することが出来ました。

今後もセミナーは続いていきますので、皆様のご参加をお待ちしております。

ボランティアスタッフ 田中 郁(CSCS、NSCA-CPT、レベルⅠ認定)

                                  Copyright (c) 2010 NSCA JAPAN. All Rights Reserved